海外旅行保険は自動付帯のクレカがおすすめ

海外旅行や海外出張時に、必需品となるのがクレジットカードです。
クレジットカードがあると、現金を持っていなくても支払いができます。
またATMでキャッシングをすれば、現地通貨を引き出せます。
多額の現金を日本から持ち込まなくて良く、両替をしなくても良いメリットがあります。

そしてクレジットカードは、これだけではありません。
海外渡航時にあると嬉しいのが、海外旅行保険です。
海外旅行保険は渡航時の死亡、後遺障害、病気、ケガなどを補償してくれます。
また救援者費用、携行品損害などを補償してくれる場合もあります。
海外に行くなら、海外旅行保険が付帯するクレジットカードを持つのがおすすめです。

クレジットカードの海外旅行保険には、自動付帯と利用付帯があります。
利用付帯はクレジットカードで旅費を支払うことにより、海外旅行保険が適用となります。
クレジットカードにより適用条件が異なり、旅費の全額を支払う、旅費の一部を支払う、渡航前のみ対象、渡航後も対象といった感じになります。
クレジットカードで旅費を支払わなかった場合は、補償はされません。

自動付帯はクレジットカードの会員になっているだけで、海外旅行保険が適用となります。
旅費を支払わなくても、補償をうけられるというわけです。
利用付帯と自動付帯だと、自動付帯の方がおすすめとなるでしょう。

クレジットカードの海外旅行保険は、死亡や後遺障害時以外は補償金額を合算することができます。
海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードを数枚持っていれば、手厚い補償が受けられることになります。
海外での治療費は実費負担となり高額になりますから、海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードは複数枚もっておいた方が良いでしょう。

ただクレジットカードを複数枚持つときに、気になるのは年会費です。
いくら海外旅行保険のためといっても、高い年会費を支払うのはお得ではありません。
旅行のたびに保険会社の海外旅行保険に加入した方が良いとなってしまいます。

海外旅行保険はゴールドカード以上にあるサービスで、一般のクレジットカードには付帯しないというイメージがあります。
特に年会費無料クレジットカードでは、海外旅行保険の自動付帯は無理…と思われているようです。
しかし年会費が低いクレジットカードでも、海外旅行保険が自動付帯するケースは少なくはありません。
探せば少ない年会費負担で、海外旅行自動付帯のクレジットカードを持つことは可能です。

■エポスカード

エポスカードは年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯となります。

・海外旅行保険
傷害死亡、後遺障害…最高500万円
傷害治療…最高200万円
疾病治療…最高270万円
救援者費用…最高100万円
賠償責任…最高2,000万円
携行品損害…最高20万円

傷害死亡や後遺障害補償は、最高500万円とそれほど高額ではありません。
しかし傷害治療200万円、疾病治療270万円と、高いのが特徴です。
年会費無料クレジットカードで、さらに自動付帯の海外旅行保険では、高い補償金額となっています。
自動付帯なので、渡航前に手続きなども不要で補償をうけられます。
海外旅行保険いについての確認や帰国後に保険金を請求するさいは、エポスカード海外旅行保険事故受付センターへ問い合わせをすればOKです。
24時間対応、フリーダイヤルなのが嬉しいですね。

・緊急医療アシスタンスサービスあり
海外渡航時のケガや病気などは、緊急医療アシスタンスサービスに連絡をしましょう。
日本語対応なので、日本語しかできなくても問題ありません。
医療機関の紹介、キャッシュレス診療などが行えます。

・ポイントシステム
200円に1ポイント付与、リボ払いでは200円に2ポイント付与となります。
還元率は0.5%~1.0%です。
楽天Edy、モバイルSuica、スターバックスカードのチャージも、ポイント付与対象となります。
ポイントはマルイでの買い物に使ったり、ギフト券に交換できたりします。

・優待店舗が多い
マルイでは年に4回、10%オフになる期間があります。
マルイを利用するなら、持っているとお得なクレジットカードです。
そして全国7,000以上の施設で、割引などの優待があるのもエポスカードの特徴です。
カラオケ、居酒屋、エステ、遊園地など、さまざまなところで優待を受けられます。

・最短即日発行可能
マルイなどの店舗にあるエポスカードセンターで受け取ると、最短即日発行が可能です。
海外旅行保険が自動付帯されているので、急な海外出張や海外旅行時などは、エポスカードを即日発行するのが良いでしょう。
海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードでも、即日発行ができるのはありがたいことです。

・デザインカードがある
70種類以上あるデザインが選べる、エポスデザインカードがあります。
発行手数料として500円が必要ですが、年会費は無料です。
付帯サービスはエポスカードと同じで、海外旅行保険も自動付帯となります。

■JCB EIT

JCB一般カードなどの海外旅行保険は利用付帯なのですが、JCB EITは自動付帯となります。
年会費は永年無料です。

・海外旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…最高2,000万円
傷害治療…最高100万円
疾病治療…最高100万円
救援者費用…最高100万円
賠償責任…最高2,000万円
携行品損害…最高20万円

年会費無料クレジットカードですが、自動付帯のうえ最高補償金額もそれなりにあります。
渡航先で事故や健康相談をする場合は、日本語安心サービスが利用できます。
24時間通話料無料なので、気軽に利用することができるでしょう。

・JCBプラザが利用できる
海外に設置されているJCBプラザを利用することができます。
観光案内や、ホテルやレストランの紹介など、すべて日本語対応となっています。
海外に行くと言葉が通じなく苦労することがありますので、JCBプラザがあると助かります。
またJCBラウンジは、休憩などの使うことが可能です。

・ポイントシステム
1,000円に2ポイントがたまります。
1ポイントは約5円相当ですので、還元率は約1.0%です。
ポイントは一般的なJCBカードと比べると、2倍になっているのが特徴です。
国内、海外、どちらで利用をしてもポイントはいつでも2倍。
ポイントをためやすいJCBカードでもあります。
ポイントはギフト券などとの交換が可能です。

・ショッピング保険
最高100万円のショッピング保険が付帯します。
海外、国内、どちらの利用分も補償の対象となります。
海外旅行保険が自動付帯し、さらにショッピング保険も付帯するので、年会費無料クレジットカードとしてはしっかりした補償であると言えるでしょう。

・初回リボ手数料無料
JCB EITは年会費無料で海外旅行保険が自動付帯し、おすすめのクレジットカードです。
しかしリボ払い専用クレジットカードであることが、デメリットとなるでしょう。
リボ払いは支払い手数料が有料となり、無駄な費用を支払うハメになるためです。
しかしJCB EITは、初回リボ手数料が無料のクレジットカードです。
初回で全額支払ってしまえば、リボ手数料を支払わずに使うことができます。

・デザインが選べる
ストライプ、ブラック、ステッチ、チェック、ドット、ロゴと、6種類のデザインが用意されています。
好きなデザインを選びたい人には、最適のクレジットカードでしょう。

うちストライプ、ブラック、ステッチは、QUICPayを搭載することも可能です。

■REXカードLite

海外旅行保険が自動付帯する年会費無料クレジットカードが、REXカードLiteです。
ジャックスカードは海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードが多く、REXカードLiteはそのうちの一枚となります。

・海外旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…最高2,000万円
傷害治療…200万円
疾病治療…200万円
救援者費用…200万柄
賠償責任…最高2,000万円
携行品損害…最高20万円

海外旅行保険が自動付帯している年会費無料クレジットカードは、条件付年会費無料だったり、リボ払い専用クレジットカードだったりすることが多いです。
しかしREXカードLiteは無条件年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯します。
補償内容も高水準となっており、海外渡航をするならおすすめのクレジットカードです。

・国内旅行保険
REXカードLiteは海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険も付帯します。
ただ国内旅行は自動付帯ではなく、利用付帯となります。
クレジットカードで旅費を支払うことにより、補償の対象となります。
国内旅行での補償もしっかり付けたいなら、おすすめのクレジットカードです。

傷害による死亡…最高1,000万円
後遺障害…30万円~1,000万円
入院…1日につき5,000円
手術…1事故につき5万、10万、20万円
通院…1日につき3,000円

・ポイントシステム
2,000円ごとに25ポイント、リボ払いでは2,000円ごとに35ポイント付与となります。
還元率は1.25%~1.75%です。
年会費無料クレジットカードの中では、最高水準のポイント還元率です。
ポイントを貯めたい人にもおすすめですし、メインのクレジットカードとしてもおすすめです。
たまったポイントはJデポに交換でき、クレジットカード請求額が値引きされるデジポットとして使えます。

・REXカードもアリ
REXカードLiteの兄貴的存在となる、REXカードがあります。
REXカードLiteとの違いは、まずポイント還元率です。
REXカードは1.5%~となります。
そして年会費が翌年度から2,500円(税別)となります。
ただ年間50万円以上利用すれば、翌年度の年会費は無料です。
年間確実に50万円以上使うなら、REXカードがお得となるでしょう。
国内旅行保険が利用付帯、海外旅行保険が自動付帯のサービスと、ショッピング保険のどちらかを選択することになります。
海外に行く機会が多いなら、国内旅行保険と海外旅行保険を選択した方が良いでしょう。

■DCカードジザイル

DCカードJizile(ジザイル)は年会費無料クレジットカードながら、海外旅行保険が自動付帯します。

・海外旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…最高1,000万円
傷害治療…30万円程度
疾病治療…30万円程度
賠償責任…最高1,000万円
携行品損害…最高10万円
救援者費用…最高50万円程度

自動付帯ですので、海外渡航時は自動的に保険が適用になります。
年会費無料クレジットカードなので致し方ない部分があるのですが、補償内容はやや寂しい海外旅行保険となっています。
傷害や疾病治療費なども30万円程度と低いので、このクレジットカードの海外旅行保険だけでは足りないと言えます。
他の海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードと合わせ持ち、補償金額を高くするのがおすすめです。

・ショッピング保険
最高年間100万円のショッピング保険が付帯します。
国内、海外利用分、どちらも補償の対象となります。

・海外アシスタントサービスあり
海外にはハローデスクが用意されており、レストランやホテルの予約、現地情報などの情報を提供してくれます。
すべて日本語対応なので、旅行先でも安心です。

・ポイントシステム
1,000円の利用ごとに3ポイントの付与となります。
1ポイントを約5円相当とすると、還元率は1.5%です。
一般的なDCカードに比べると、還元率は3倍にもなります。
年会費有料クレジットカードと比べてもポイントがたまりやすく、おすすめのクレジットカードです。
ポイントはギフト券や他社ポイントなど、さまざまなアイテムと交換ができます。

・初回リボ手数料無料
DCカードジザイルは、リボ専用クレジットカードとなります。
海外旅行保険が自動付帯していてもポイント還元率が高くても、リボ払い専用クレジットカードはちょっと…という方もいるでしょう。
リボ手数料が必要になるため、リボ払い専用クレジットカードを敬遠する人は多いのです。
しかしこのクレジットカードは、初回リボ手数料は無料です。
初回に全額支払いをしてしまえば、リボ手数料を支払わなくても済みます。
これなら海外旅行保険が自動付帯していますし、ポイントもたまりやすく、お得なクレジットカードとなるでしょう。

DCカードジザイルは、年会費無料なので持ちやすいです。
自動付帯の海外旅行保険を目当てに発行しても、年会費負担がありません。
海外旅行保険をもう少し充実させたい…というときは、おすすめのクレジットカードでしょう。