海外旅行保険が自動付帯しているおすすめクレジットカード

■オリコカードiB

オリコカードiB(iD×QUICPay)は、海外旅行保険が自動付帯する実質年会費無料クレジットカードです。
年会費は初年度無料ですが、翌年度からは1,250円(税別)となります。
しかし年に1度でもカードの利用があれば、翌年度の年会費は無料。
年会費無料になる条件がゆるいので、ほぼ実質年会費無料で使えると思われます。

・旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…最高2,000万円
傷害治療…最高200万円
疾病治療…最高200万円
救援者費用…最高200万円
賠償責任…最高2,000万円
携行品損害…最高20万円

実質年会費無料クレジットカードですが、海外旅行保険の内容は充実しています。
疾病治療や傷害治療も200万円と高めです。
この補償内容で自動付帯というのは嬉しいです。

・国内旅行保険
自動付帯ではなく利用付帯ですが、国内旅行保険も付帯しています。
最高1,000万円の補償となります。
死亡・後遺障害時のみの補償となり、手術や入院などの補償はありません。
付いていないよりは、付いている方が安心できるでしょう。

・ポイントシステム
1,000円に1ポイント付与となります。
1ポイントを約5円相当とすると、還元率は0.5%です。
ただ年間50万円以上利用をすれば、翌年度のポイントが1.5倍になります。
100万円以上で1.75倍、200万円以上で2.0倍になるので、使えば使うほどお得なクレジットカードです。
年間200万円というのは難しいかもしれませんが、50万円~100万円程度なら余裕で使うという方も多いのではないでしょうか。
たまったポイントは家電などさまざまな商品と交換することができます。
オリコポイントに交換すると、Amazonギフト券やTポイントなどにすることもできます。

・電子マネーを搭載
iB(iD×QUICPay)には、ポストペイ型の電子マネーであるiDとQUICPayをダブルで搭載しています。
電子マネーがあると、コンビニなどの少額決済もしやすくなります。
チャージは不要なので、いつでもささっと使えるのがメリットです。

オリコカードiB(iD×QUICPay)は、海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードとしてはおすすめ度が高いです。
海外旅行保険が自動付帯というだけでなく、補償内容も充実しています。
しかも年に1度利用をすれば年会費無料になるので、年会費負担なく海外旅行保険を適用させることが出来るメリットがあります。

■イオンカードSuica

イオンカードは人気のある年会費無料クレジットカードですが、海外旅行保険は自動付帯していないものがほとんどです。
イオンカードの中で唯一海外旅行保険が自動付帯となるのが、イオンカードSuicaです。

・海外旅行保険
傷害による死亡・後遺傷害…最高500万円
傷害治療…最高50万円
疾病治療…最高50万円

イオンカードSuicaは海外旅行保険が自動付帯となるのですが、補償内容はやや残念な感じかもしれません。
死亡・後遺障害、疾病・傷害治療の補償はありますが、補償金額が低めの設定となっています。
また携行品損害や救援者費用といった補償がありません。
このクレジットカードのみでカバーができる、海外旅行保険ではないでしょう。

・国内旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…最高1,000万円
入院…1日当たり3,000円
通院…1日当たり2,000円

入院や通院治療費が出るのは良いですが、自動付帯ではなく利用付帯となります。
イオンカードSuicaできっぷや旅行商品を購入した場合にのみ、保険が適用となります。

・Suica機能付き
イオンカードSuicaという名称の通り、Suicaが付帯するクレジットカードです。
デジポットなしで、Suicaを利用することができます。
Suicaへのオートチャージでポイントを獲得することもできますが、400円に1ポイントと還元率は0.25%と低くなってしまいます。
Suicaのオートチャージは、ビューカードなど多くのポイントを獲得できるクレジットカードの方が良さそうです。

・ポイントシステム
200円に1ポイント付与となり、還元率は0.5%です。
しかしイオンモール、マックスバリュ、ザ・ビックなどのイオングループでは、200円に2ポイントの還元率1.0%となります。
イオンで使うならポイントはたまりやすいですね。
たまったポイントはギフト券やWAONポイントなどに交換することができます。
またSuica電子マネーに交換することも可能です。

・イオンでお得
イオンのお客さま感謝デーでは、お会計が5%オフになります。
イオンを利用するなら、お得なクレジットカードです。

イオンカードSuicaは自動付帯ではありますが、海外旅行保険目当てで発行するクレジットカードではないでしょう。
Suicaを利用したい、イオンでお得になると嬉しいといった理由で発行し、ついでに海外旅行保険が自動付帯しているのでラッキー!といった感じで使ってください。

■ビックカメラSuica

実質年会費無料で海外旅行保険が自動付帯となるのが、ビックカメラSuicaカードです。
初年度は年会費無料ですが、翌年度から477円(税別)の年会費が必要となります。
しかし年に1度でもカード利用をすれば、翌年度の年会費は無料になるのです。
477円でもワンコインで年会費負担は少ないですが、年会費無料になるならその方が良いですね。
年会費無料になる条件も、クリアしやすいです。

・海外旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…最高50万円
傷害治療…50万円程度
疾病治療…50万円程度

海外旅行保険は自動付帯ですが、補償金額はそれほど高くはありません。

・国内旅行保険
きっぷや旅行商品をビックカメラSuicaカードで購入すると、改札から出るまで補償がされます。
クレジットカードで旅行代金を支払わないと補償がされないので、自動付帯ではなく利用付帯となります。

傷害による死亡・後遺障害…最高1,000万円
入院…1日あたり3,000円
通院…1日あたり2,000円

入院や通院補償があるのは嬉しいですね。
入院や通院は7日以上で保険金を受け取ることができます。

・ポイントシステム
基本的には1,000円につき5ビックポイント、2ビューサンクスポイントの付与となります。
還元率は1.0%となります。
そしてビックカメラでは10%のビックポイントがたまり、還元率は驚異の10.0%。
SuicaへのチャージやJR東日本の商品購入時は、6ビューポイントがたまります。
還元率は1.5%と高いので、Suicaチャージにもおすすめのクレジットカードです。
たまったビックポイントはビックカメラで使うことができます。
ビューサンクスポイントはSuicaなどの交換ができます。
またビューサンクスポイントとビックポイントは、相互交換が可能です。

・Suica利用にはおすすめ
ビックカメラSuicaは、Suicaへのオートチャージが可能です。
チャージのたびに1.5%のポイントを獲得できます。
そしてSuicaには定期券を搭載することも可能です。
モバイルSuicaは当面年会費が無料になるというメリットもあります。

ビックカメラSuicaは自動付帯ではありますが、海外旅行保険が充実しているとは言えません。
ないよりはあった方が良い、利用付帯よりは自動付帯の方が良いといった感じでしょうか。
自動付帯の海外旅行保険を目的に発行するといういより、ビックカメラやSuicaを利用する人向けのクレジットカードでしょう。

■ライフカード学生専用

ライフカードは海外旅行保険が付帯していませんが、学生専用になると海外旅行保険が自動付帯します。
学生がライフカードを発行するなら、断然学生専用がおすすめです。
海外旅行保険が自動付帯しても、年会費は無料です。

・海外旅行保険
傷害による死亡・後遺障害…最高2,000万円
傷害治療…最高200万円
疾病治療…最高200万円
救援者費用…最高200万円
賠償責任…最高2,000万円
携行品損害…最高20万円

年会費無料クレジットカードとしては、しっかりとした内容の海外旅行保険となっています。
しかも自動付帯ですので、持っているだけで補償がされ安心です。

・海外利用キャッシュバック
海外ショッピング利用分は、5%がキャッシュバックされるサービスがあります。
事前に登録をしておく必要がありますので、海外にいくときは忘れずに行っておきましょう。
キャッシュバック分は、指定口座に振込となります。

・ポイントシステム
1,000円の利用ごとに1.0ポイントがたまります。
1.0%は約5円相当なので、ポイント還元率は約0.5%です。
そしてライフカード学生専用は、誕生月ポイント5倍になるのが特徴です。
海外、国内、どこで使っても誕生月はポイント5倍です。
さらに年間利用金額により、翌年度のポイント還元率があがります。
最高2.0倍になるので、使うほどお得になります。
たまったポイントはギフト券や他社ポイント、マイルなどに交換することが可能です。

・ケータイ料金を支払うとお得
携帯電話料金の支払いに指定していると、毎月Amazonギフト券が当たるチャンスがあります。
10人に1人の確率なので、当選確率は高いのでおすすめ。
年に何度もAmazonギフト券をもらえてしまうかもしれません。

・卒業後は?
卒業後は一般のライフカードへ切替となります。
ポイントシステムは同じですが、海外利用分キャッシュバックや海外旅行保険の自動付帯サービスはなくなってしまいます。
また携帯電話の支払いにより、Amazonギフト券が当たるチャンスもなくなります。
これはちょっと残念ですね。
卒業後もそのままライフカードを使い続けて良いですが、海外旅行保険が自動付帯となるクレジットカードを別に発行しておいた方が良いでしょう。

ライフカード学生専用は、留学や卒業旅行などで海外に行く学生にはおすすめです。
海外旅行保険が自動付帯となるだけでもお得なのですが、さらに海外ショッピング分が5%キャッシュバックされるのお大きなメリットです。

■エクストリームカード

エクストリームカードは実質年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯になるクレジットカードです。
年会費は初年度無料ですが、翌年度から3,000円(税別)となります。
一般クレジットカードとしてややや高めの年会費と感じるかもしれません。
ただ年に30万円以上のカード利用があれば、翌年度の年会費が無料になります。
確実に年間30万円以上利用するなら、お得に使えるクレジットカードです。

・海外旅行保険
傷害による死亡…最高2,000万円
傷害による後遺障害…80万円~2,000万円
傷害治療…最高200万円
疾病治療…最高200万円
賠償責任…最高2,000万円
携行品損害…最高20万円
救援者費用…最高200万円

実質年会費無料で使えるのに、しっかりとした内容の海外旅行保険が自動付帯しています。
最高補償金額が高いだけでなく、疾病や傷害補償も200万円あるので安心できるでしょう。

・国内旅行保険
傷害による死亡…最高1,000万円
傷害による後遺障害…30万円~1,000万円
入院…1日につき5,000円
手術…1事故につき5万、10万、20万円
通院…1日につき3,000円

エクストリームカードは、国内旅行保険の内容も充実しています。
ただ自動付帯ではなく利用付帯なので、エクストリームカードで旅行代金を支払う必要があります。
旅行代金をすべて他の方法で支払っている場合は、国内旅行保険は適用となりません。

・ポイントシステム
1,000円に10ポイントがたまります。
還元率は交換する商品により異なり、Jデポなら1.25%、Gポイントなら1.5%となります。
お得なのは断然Gポイントへの交換でしょう。
Gポイントは電子マネーや共通ポイントなどへ交換することができます。

・全国の宇佐美でお得
宇佐美のガソリンスタンドでは経由やガソリンが1リットルあたり2円引き、灯油が1リットルあたり1円引きとなります。
さらにバッテリー、タイヤ、カーケア作業などは、3%オフになります。
ドライバーにとっては、燃料代が節約になるので嬉しいですね。
値引きだけでなく、しっかりポイント付与もあるのでよりお得です。

エクストリームカードは海外旅行保険が自動付帯し、ポイント還元率も高くおすすめです。
さらに実質年会費無料になれば、さらにお得なクレジットカードとなるでしょう。
ただ年間30万円以上使わない人は注意をしてください。
年会費が必要になってしまいますので、無条件で年会費無料のクレジットカードの方が良くなってしまいます。