海外旅行保険付帯のクレジットカードの選び方と、おすすめカード

■クレジットカードの海外旅行保険は補償を合算できる

保険に対するイメージとしてはなんとなく一つの保険会社しか使えないようなイメージを持っている人も居ると思います。この流れからか、クレジットカードの海外旅行保険においても一つのクレジットカード会社でしか補償を受けれない、保険を適用できないと考えている人も多いようです。しかしながら、実際にはそのようなことはなく実はクレジットカードの海外旅行保険は合算して利用することが可能なのです。

・複数枚のクレジットカードで大きな海外旅行保険を得る
基本的にクレジットカードに付帯されているサービスの質というのは年会費に左右されています。年会費無料のクレジットカードでは海外旅行保険の金額も小さく設定されていますし、年会費の高額となるようなゴールドカードやプラチナカードともなれば保障金額もぐっと大きくなるわけです。そのため純粋に考えるとクレジットカードを利用して海外旅行保険を大きくするためには、年会費のかかる良いクレジットカードに加入することが大切なわけですね。
ですが、ゴールドカードのほどの年会費を支払う必要なく保険の質を高めることが可能です。それは複数枚のクレジットカードを利用して補償金額を上昇させる仕組みです。これを活用することによって年会費無料のため単体ではそこまで強くないクレジットカードの海外旅行保険であったとしても、合算で高額補償のクレジットカードへと返信させること可能になるのです。

・複数枚のクレジットカードで海外旅行を受ける場合の注意点
年会費が必要となるようなクレジットカードであれば大半が海外旅行保険について自動付帯となっているのですが、年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が付与されているものは利用付帯ものもが多いです。そのため旅行に関係ある移動でクレジットカードを利用しなければならないんですよね。それぞれのクレジットカードについて利用付帯を有効にする必要がありますので、複数枚のクレジットカードで保険を有効にしようと考えているかたは、旅行のおいてそれぞれの支払いをまずは一回ずつ交通費としてする必要が出てきます。これを忘れてしまい、どれか一枚のクレジットカードでずっと支払いをしてしまえば他のクレジットカードに付帯されている保険は有効になりませんのでもったいないの一言に尽きてしまいます。

ちなみにですが、死亡保険は合算することが出来ずに最も金額が高いものだけが支給される仕組みとなっています。ここはお間違えのないようにお願いいたします。

■海外旅行保険付きクレジットカードの選び方

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険といってもその種類は様々となっています。海外旅行保険で大切なことは、クレジットカード会社の力によって自分ひとりでは対応しきれないことをどうにかしてもらうという部分にあると思います。金銭面も問題もその中にはあるとは思いますが、そのほかにもサービスデスクがあることによってサポートしてもらえる部分も数多くあるはずです。海外旅行保険を選ぶときにはそのようなサポートの面を総合的に判断する必要があり、旅行傷害保険の金額だけで選ぶことはあまりおすすめできないんですね。

さて、具体的にはどのようなことに注意して海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを選べばよいのでしょうか。良し悪しは別にして、まず皆さんが気になるポイントとしては海外旅行保険の補償金額だと思います。ここに一つ落とし穴があり、金額が非常に高額に設定されているものの中には死亡時や後遺障害が残ったときにのみ支払われる金額が設定されていることがあるということです。もし万が一このようなことが起こったときにもらえる金額が大きいのに超したことはありませんが、現実的に考えると重要なのはこのような金額よりも病気などで通院せざるを得なくなったときの補償です。日本では数千円で済む治療であっても海外では数万円かかるなんてことは少なくありません。こういったときに補償してくれるタイプでなければあまり現実的ではないんですね。

海外で何かしらの原因で死亡する可能性は0とは限りませんが、クレジットカードの海外旅行保険を気にされている方は通常の生命保険等にも入っていると思いますので、特段ここだけに多くの補償を求める必要も無いのではないかとの考えもあります。やはり必要となるのは本来であれば別途海外旅行のために加入する必要のある病気や怪我に対する補償を実現してくれる保険なわけです。

年会費無料で上記のような条件を満たすクレジットカードとしておすすめできるものは「エスポカード」であると考えられます。
年会費無は無料ですが海外傷害保険の中でも特に疾病治療費用や障害治療費用の補償が大きくなっていますので、現地での身体のトラブルには最低限対応できるようにはなっているはずです。これだけでは不安だという場合にはクレジットカードの海外旅行保険は合算して利用することも出来ますので、もう一枚保険能力の高いクレジットカードを持っておくことをおすすめします。

■エポスカード

クレジットカードの中には様々な保険サービスがあります。その中でも特に多くの方が注目しているのが海外旅行保険ですよね。しかし、中には自動付帯のものもあれば利用付帯のものもあります。できれば自動付帯だと良い、と思っている方が多いのではありませんか。

今回は、海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードについて紹介していきます。最初に紹介するのはエポスカードです。

まずは海外旅行保険の中身ですが最高補償が2,000万円までとなっています。高額な保険ですが、年会費が無料のカードでもあるのでその点は致し方ないでしょう。ちなみにETCカードも無料で発行できる、といった特徴を持っているカードです。

エポスカードについては海外旅行保険はついているのですが、国内旅行保険はついていない、といった特徴を持っています。海外旅行はしなくて、国内旅行ばかりをしている、という方にはあまりおすすめできないかもしれません。

カードとしての大きな特徴として注目したいのが、マルイでの利用です。年に4回のセール期間中であれば10%の割引が受けられるのです。マルイを定期的に利用している、という方はぜひ持っておきたいクレジットカードです。この機会に作成を考えてみませんか。

■横浜インビテーションカード

海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードとして、今回注目することにしたのが横浜インビテーションカードです。あまり有名なクレジットカードではありませんが、非常に高機能なのです。

横浜インビテーションカードの海外旅行保険を中心にどんな特徴を持っているカードなのかを明らかにしていきます。

横浜インビテーションカードの海外旅行保険の中身ですが、最高補償額は2,000万円となっています。年会費がかからないクレジットカードとしてはまずまずの金額設定となっているのでその点は注目してください。ただし高額の歩書の方が良い、という場合にはあまりおすすめできないかもしれません。その場合は、年会費が高いカードを狙いましょう。

国内旅行保険も付帯しており最高で1,000万円の補償となっています。旅行保険以外にもショッピング保険が付帯しています。最高で年間100万円まで補償してくれるので、大きな買い物に関しても怖くありません。

ポイント還元率に関しては、0.53%から1.1%の設定となっています。ポイントもお得に貯まるタイプのクレジットカードなので、有効活用していきたいところです。ちなみにネットでの不正利用に関してもしっかりと対応してくれます。ネットあんしんサービスというものも実施しているのです。

■JCB EIT

海外旅行保険が自動付帯していることで有名なクレジットカードがJCB EITです。JCBカードでありながら年会費が無料で、しかも海外旅行保険が自動付帯しているということで人気が高まっているのです。

今回はJCB EITについて海外旅行保険の内容を中心に詳しくお話します。果たしてどのような特徴があるのでしょうか。利用しやすいカードなのでしょうか。それとも利用しにくいカードなのでしょうか。

JCB EITですが海外旅行保険が自動付帯されており、最高補償額は2,000万円となっています。補償額としてはそれほど高くはありませんが、年会費無料のクレジットカードであることを考えると文句はないでしょう。

JCB EITの特徴として事前に把握しておきたいのが、リボ払い専用のカードである、という部分です。金利手数料がかかってきてしまうおそれがあるので注意してください。ただし、リボ払い専用カードをリボ払いではなくしてしまうことも可能です。毎月の支払額をカードの限度額に設定してしまえば、自動的に一括払いになるわけです。一括払いにしてしまえば金利手数料を支払う必要はなくなりますよ。

JCB EITの保険ですが、海外旅行保険以外にショッピング保険も用意されています。年間で最高100万円まで補償してくれるのですショッピングも安心してできるクレジットカードです。

■オリコカード iB(iD×QUICPay)

海外旅行保険が自動付帯していると、海外でもしものことがあった場合にも安心です。高額の補償をしてくれるからです。海外旅行保険もかけずに海外で何かあった場合には高額の費用が発生してしまうことにもなります。そんなケースでも、自動付帯のクレジットカードを持っていればすぐにでも対応してもらえるわけです。数百万円の医療費もカードの付帯保険で賄えるケースが有るんですよ。

今回は海外旅行保険を自動付帯しているオリコカード iB(iD×QUICPay)について詳しくお話します。果たしてどのような特徴を持っているのでしょうか。使い勝手は良いのでしょうか。

オリコカード iB(iD×QUICPay)ですが、海外旅行保険の最高補償額は2,000万円となっています。高額の対応もしてくれるので非常におすすめのクレジットカードですよ。ちなみに国内旅行保険もしっかりと付帯しています。最高で1,000万円まで補償してくれます。旅行が好き、という方には欠かせないクレジットカードなんです。

年会費に関しては初年度は無料ですが2年目以降はかかってくる恐れがあります。2年目以降の年会費は1,250円+消費税の設定となっています。ただし、一回でもカード利用をすると翌年の年会費が無料になるのです。ですからずっと年会費無料の状態で利用し続けられるんですよ。

■イオンSuicaカード

海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードとして最後の紹介するのは、イオンSuicaカードです。イオン系のカードなので興味を持っている方もかなり多いのではないでしょうか。実際に持っている方もいるかもしれません。そんなイオンカードの中でも特におすすめできるのがイオンSuicaカードなんです。

果たしてイオンSuicaカードにはどんな特徴があるのでしょうか。確かめてみましょう。

イオンSuicaカードですが、まず注目してほしいものに海外旅行保険の中身があります。中身が伴っていなければせっかくの海外旅行保険も意味がなくなってしまいますよね。最高補償額ですが、500万円の設定となっています。500万円というのは高額ではありませんが、年会費が無料のカードでもあるので、それほど大きな問題はないでしょう。自動付帯ではありませんが、イオンSuicaカードには国内旅行保険も付帯しています。最高1,000万円までの設定となっているのです。国内旅行が好き、という方にもおすすめできるカードです。

ポイント還元率はそれほど高くありません。0.5%の設定となっているのです。しかし、0.5%だからといって低いわけではありませんポイントの有効期限は2年間なので、その期間内しっかりとためていくことが大事になります。