おすすめ海外旅行保険付きクレジットカード

■海外旅行保険を安く手に入れるクレジットカード

条件付年会費無料のクレジットカードも含めてどのようなクレジットカードを利用すれば海外旅行保険はお手軽に手に入れることが出来るのでしょうか。ちょっとした旅行や出張であれば正直そこまで高い年会費と補償を求めるようなことも無いとは思います。年会費完全無料のクレジットカードでは利用条件や付帯内容に多少の不安が出ることもありますが、条件付で実質無料となるようなクレジットカードであれば補償内容は十分高めに設定されていることも多いです。どのようなクレジットカードを利用していればお得に安く海外旅行保険を手に入れることが出来るのか紹介していきましょう。

・NetMile Premium Card
こちらは入会初年度が年会費無料、その後は2000円(前年度の利用金額が10万円以上で年会費が無料)の価格設定になっているクレジットカードです。年会費が無料になる条件として年間10万円の利用が設定されていますが、メインカードとして利用したり海外旅行保険と共に海外に持ち出して利用するようなことがあればそこまで大きな金額では無いでしょう。特徴として元々は年会費が必要なクレジットカードということもあり、傷害や疾病治療費については200万円まで対応可能な海外旅行保険となっていることです。ポイントの還元率も1%前後(条件により異なる)であり、総合的にお得に使えるクレジットカードであると考えることが出来ます。

・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
こちらは初年度のみ年会費は無料、その後は3000円の価格設定となっているクレジットカードです。年会費無料のクレジットカードが多いことも考慮すると少し高いような印象を持つかもしれませんが。この価格設定でなんと国際ブランドはアメリカン・エキスプレス・カードです。本来ならば1万円以上かかるような補償をこの価格設定で手に入れることが出来ると考えると非常に安いもののように感じます。補償の内容としては上記のクレジットカードよりもさらに大きいものとなっており、傷害や疾病治療費については300万円まで対応可能な海外旅行保険となっています。また、こちらのクレジットカードであれば海外でのキャッシュレス診察にも対応しています。キャッシュレス診察に対応していれば現地で治療を立て替える必要もありませんので利便性がより高いといえるでしょう。利用可能な医療施設などもデスクから手配してもらえますので安心して万が一のときは活用できるクレジットカードです。

■キャッシュレス診察が利用できる海外旅行保険つきクレジットカード

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険の選び方は様々あると思います。まず一つは補償されている金額を重要視している人が多いでしょう。せっかくの保険ですので補償内容は念のために大きな金額になっているに越したことはありませんからね。その次によくある検討内容としては自動付帯か利用付帯かということであると思います。そして、その次の選択肢として考えられるのが今回ご紹介する「キャッシュレス診察」に対応しているかどうかです。

キャッシュレス診察とはその名の通りで、海外旅行保険を利用して診察を受けるときに立替をすることなく医療機関を利用できるようなサービスです。仕組みとしては受信する医療機関が、カード会社に本人確認をしてその情報を元に決算可能な人物なのかどうかを確認するようなものとなっています。本人確認が取れれば医療費は直接カード会社に請求がいきますので私たちはそこに介入する必要が無いのですね。
基本的には海外旅行保険を利用するために会員デスクなどに問い合わせをすればそのまま医療機関を紹介してもらうことが可能です。そしてその医療機関を利用したときに現地での支払いが必要かどうかがこのキャッシュレス診察に対応しているかどうかによって変わってきます。

現在では多くのクレジットカードがそのクラスに問わずキャッシュレス診察に対応しています。有名なクレジットカードでは
・楽天カード
・アメリカン・エキスプレス・カード(本人のみ)
・エポスカード
・セゾンカードシリーズ
・三井住友VISAカードシリーズ
などが該当しています。海外旅行保険が利用しやすかったり、クレジットカードとしても利用しやすいものは概ねキャッシュレスに対応していると思っていただいて大丈夫でしょう。逆にキャッシュレス診察に対応していないクレジットカードの数は減ってきており
・ANAカード
・Orico CARD
・MUFGカード
などが該当してしまいます。特に気をつけてもらいたいと感じるのは、旅行に特化しているような印象があるANAカードであってもキャッシュレス診察には対応していないということです。また銀行系クレジットカードで安心感のあるMUFGカードも意外にもキャッシュレス診療には対応していません。

付帯サービスが充実していても、キャッシュレス診察に対応していなければ少し手間がかかることになってしまいます。多々発生するような作業ではありませんので、ここを考慮するかは大きく個人差があるでしょう。

■海外旅行保険付帯クレジットカードの選び方

海外旅行保険が付帯するのは、年会費が高いクレジットカードだけ…と思っている人もいます。
しかし実際は、そんなことはありません。
付帯サービスが充実していないイメージがある年会費無料クレジットカードでも、海外旅行保険が付帯するものが存在しています。

クレジットカードの海外旅行保険を選ぶポイント

・補償金額
最高補償金額も重要ですが、疾病や傷害、携行品損害、損害賠償などの補償金額もチェックしておきましょう。
海外旅行保険は、最高補償金額を請求するケースは少ないです。
利用が多いのは疾病や傷害補償、携行品損害補償などになりますので、こちらの補償金額を重視するのがおすすめです。
最高補償金額が高いだけでは、ダメなのです。

・補償内容
海外旅行保険が付帯していても、死亡、後遺障害時のみの補償という場合があります。
これだと海外旅行保険が付帯していても、嬉しくはありません。
ほぼ使い道はないと言って良いでしょう。
クレジットカードは海外旅行保険が付帯するだけで、満足していては行けないのです。
補償内容もしっかり確認するようにしましょう。

・家族の補償があるか
家族で海外に行く機会がある方は、家族特約のある海外旅行保険を選んでおきたいです。
18歳未満の子どもや配偶者なども海外旅行保険の補償を受けることができます。
18歳以上の家族であれば、家族カードを発行するのもおすすめです。
本カードに海外旅行保険が付帯していれば、家族カードでも同程度の補償を受けることができます。

・年会費はどうか
クレジットカードには年会費があります。
海外旅行保険を重視するあまり、使わないクレジットカードに高い年会費を支払うのはお得ではありません。
利用するクレジットカードなら年会費有料でも良いですが、あまり使う予定がないなら海外旅行保険が付帯する年会費無料クレジットカードが良いでしょう。
現在は年会費無料クレジットカードでも、海外旅行保険が自動付帯する場合があります。

クレジットカードの海外旅行保険は、ゴールドカードやプラチナカードなどランクが上がるほど、補償内容が充実していきます。
1枚あれば十分な補償が受けられる可能性もあります。
ただクラシックカードの場合は、補償金額が低く1枚では安心…とまでは行かないでしょう。
クレジットカードの死亡や後遺障害時の最高補償金額以外なら、複数を合算することができます。
海外旅行保険が付帯するクレジットカードを、複数発行しておくのがおすすめです。

■海外旅行保険自動付帯のJCB EIT

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するのがJCB EITです。
持っているだけで海外旅行保険が適用される、おすすめのクレジットカードです。

・海外旅行保険の内容
死亡・後遺障害は最高2,000万円の補償となります。
疾病や傷害治療費は最高100万円、救援者費用は最高100万円、賠償責任は最大2,000万円、携行品損害は最大20万円です。
年会費無料クレジットカードにしては、充実した補償内容となっています。
また医療費を支払うさいは、キャッシュレス診療が可能な海外旅行保険となっています。

・海外には向かない?!
JCBカードは海外には向かないクレジットカードとされることもあります。
JCBブランドは、海外では加盟店が少ないためです。
国内では無敵のブランドではあるのですが、海外では使えない…となってしまうことが多いのです。
日本人が多く訪れるハワイや韓国などではJCBが使える場所は多いのですが、それ以外ですと使いづらいかもしれませんね。
しかしJCBカードは、海外には持って行きたいクレジットカードです。

JCBカード会員は、海外にあるJCBプラザを利用することができます。
JCBプラザは観光案内などの助けをしてくれるところです。
すべて日本語対応となっているので、日本語しかできなくても心配はありません。
またJCBラウンジでは、休憩をすることも可能。
JCB EITは海外旅行保険だけではなく、海外でも使えるクレジットカードなのです。

そしてJCB EITは、海外レストランのウェブ予約サービスも利用できます。
割引特典などもあり、お得度も高くおすすめです。

・ポイント2倍
JCB EITは1,000円に2ポイント(約10円相当)付与となり、一般的なJCBカードの2倍となります。
ポイントをためたい人にもおすすめのクレジットカードです。

・デザインが選べる
JCB EITは6種類のデザインが用意されているクレジットカード。
おしゃれなデザインで、若い人を中心に人気が高くなっています。

・リボ手数料は初回無料
JCB EITは海外旅行保険が自動付帯しポイント2倍で、メリットが多いクレジットカードです。
しかし注意をしたいのが、リボ払い専用クレジットカードであることです。
利用をするさいは、初回で全額支払いをするのがおすすめです。
JCB EITは初回支払い時は、リボ手数料は無料になります。
初回全額支払いを続けることで、リボ手数料なしで利用することができるのです。

■海外旅行保険自動付帯のエポスカード

海外旅行保険が自動付帯する年会費無料クレジットカードに、エポスカードがあります。
持っているだけで海外旅行保険が適用となるのでおすすめです。

・海外旅行保険の内容
死亡・後遺障害時は最高500万円、疾病治療は最大270万円、傷害治療は最大200万円、救援者費用は最大100万円、賠償責任は最大2,000万円、携行品損害は最大20万円となっています。

死亡や後遺傷害時の補償金額は、それほど高くはありません。
他のクレジットカードに比べると、補償金額は低めです。
しかし注目したいのは、疾病補償や傷害補償費です。
どちらも200万円を超えており、補償金額はゴールドカード並といっても良いかもしれません。
年会費無料クレジットカードでは、高水準です。

またエポスカードには、ゴールドカードが用意されています。
年会費5,000円(税別)で持つことができ、使い方次第では年会費無料になります。
インビテーションでの入会時は、無条件で年会費無料です。
ゴールドカードになると死亡・後遺傷害時は最高1,000万円、疾病と傷害補償は300万円にアップします。
救援者費用、賠償責任、携行品損害は同額となりますが、海外旅行保険の補償を手厚くしたければエポスゴールドカードを狙うのがおすすめです。

・緊急医療アシスタンスサービスがある
海外で病気やケガをしてしまったときに、24時間日本語でサポートしてくれるサービスです。
医師や医療機関の紹介、医療費のキャッシュレスサービスなどができ、海外でもしもの時に頼りになります。
また医療機関への移送、帰国など緊急時だけでなく、死亡時や行方不明時などの対応もしてもらえます。

・即日発行が可能
エポスカードは最短で即日発行が可能なクレジットカードです。
急に海外に行くことになったけれど、海外旅行保険が付帯するクレジットカードを持っていない…なんてときは、エポスカードを発行するのがおすすめです。
マルイなどの店舗にあるエポスカードセンターで受け取ると、即日発行が可能です。
海外旅行保険が付帯するクレジットカードを即日発行するのは難しいですから、エポスカードは貴重とも言えるでしょう。

・マルイなどでお得
マルイで年に4回10%オフになるサービスや、全国7,000以上の店舗で優待を受けることができます。
優待店舗が非常に多いのが特徴です。
海外旅行保険も付帯し、優待サービスもあるのに、年会費無料クレジットカードというのはスゴイと言えるでしょう。