クレジットカードの海外旅行保険をおさらいしよう

■クレジットカードの海外旅行保険とは

クレジットカードには海外旅行傷害保険と呼ばれる保険が付帯されているのですが皆さんご存知でしたか。クレジットカードの申し込みサイトには必ず記載さえているような内容ですしやクレジットカードの情報をまとめた雑誌などにも記載されていることが多いと思います。あまり気にしていない方は何かの保険があるのか、といった程度の認識で終わっているかもしれませんが実はこの保険は非常に役立つものなのです。今回はあまり詳しくは知られていない、クレジットカードの海外旅行保険とはどのようなものかの説明を続けていきたいと思います。

クレジットカードの保険なんて大したものではないんでしょ?と思っている方も居るでしょうが、実情としては海外旅行保険が必要であるがためにクレジットカードに申し込むような人も居るぐらいなんですね。実は色々な補償が海外旅行保険には用意されているんです。
まず分かりやすい保険内容として挙げられるのは海外での通院や入院に関する保険です。日本では保険も適用されることで通院にそれほどお金が必要となるという印象は無いかと思います。しかしながら、海外ではちょっとした通院でも数万円必要となるようなことが普通であり、入院すると100万円を超えるようなことも少なくありません。そういった海外での通院などの費用を負担してくれる保険がクレジットカードには用意されているのです。これを知らずにクレジットカードを利用している人も多いですが、それなりのクレジットカードを持っていればこの保険は付帯されているはずですので個別に保険に加入する前に確認することが大切でしょう。
また通院といったことはもちろんのこと、後遺障害が残ったり万が一死亡した場合でも補償してくれるような保険にもなっていることが一般的です。補償の内容は国内旅行保険と海外旅行保険で異なることもありますが、補償金額は海外旅行保険のほうが高額になっていることでしょう。

家族カードの発行が可能であれば、補償金額は下がってしまうこともありますが家族もクレジットカードの海外旅行保険の対象になることがあります。この点はクレジットカードによって大きく内容が異なりますのでどのような補償が付帯されているか確認しておきましょう。また家族カードの発行をせずとも、家族特約によって家族にも海外旅行保険が付帯されることもあります。その分年会費が高いなどのデメリットもあったりしますが、個別に保険に加入するよりかは安く済むことが大半ですのでぜひ活用してみてください。

■海外旅行保険が付帯するクレジットカードがある

クレジットカードには、ショッピングができるだけのものではありません。
いくつかの付帯サービスが付帯しており、そのひとつに旅行保険があります。
旅行保険のために、クレジットカードを発行するケースも少なくはないでしょう。
クレジットカードの旅行保険には、」国内旅行保険と海外旅行保険があります。
国内旅行保険は国内旅行時に補償がされ、海外旅行保険は海外渡航時に補償がされる保険です。
クレジットカードによっては旅行保険が付帯していても、海外旅行保険しか付帯していないものも多くなっています。

国内旅行保険と海外旅行保険、どちらが重要かというと、海外旅行保険でしょう。
国内旅行時に病院にかかっても、治療費はそれほど高くはなりません。
健康保険が適用となるためです。
日本人なら社会保険や国民健康保険など、何らかの保険には加入しているはずです。
なので治療費の1割~3割程度の負担でよくなります。

しかし海外では、そうはいきません。
日本で加入している健康保険が適用されるのは、国内のみです。
海外では実費負担となってしまい、高額な治療費が請求されてしまうのです。
盲腸など簡単な手術であっても、海外なら200万円~300万円程度の治療費が必要となります。
これを実費負担するのは大変ではないでしょうか。
そこで利用したいのが、海外旅行保険です。
海外に行く前に加入しておくことで、もしもの時も安心できるというわです。

海外旅行保険は、保険会社で加入することができます。
またツアー会社などから加入することも可能です。
しかしクレジットカードがあれば、海外旅行保険に加入しなくても良くなることもあります。
クレジットカードの保障で十分なら、別に海外旅行保険に加入する必要はないでしょう。

海外旅行保険は、すべてのクレジットカードに付帯しているわけではありません。
付帯していないクレジットカードもあります。
海外に行く機会があるなら、海外旅行保険が付帯するクレジットカードを選択するのが良いでしょう。

ただクレジットカードの海外旅行保険は、内容がこと細かく設定されています。
死亡や後遺障害時の補償、疾病治療、傷害補償などにより、補償金額が異なります。
海外旅行保険が付帯していても、疾病治療や傷害補償が付帯していない…というクレジットカードもあり、注意をしなければなりません。
海外旅行保険が付帯しているだけで満足せずに、補償の内容もしっかりチェックすることが必要です。

■海外旅行保険は利用付帯と自動付帯がある

クレジットカードの海外旅行保険は、利用付帯と自動付帯があります。

利用付帯は旅行代金をクレジットカードで支払うと、補償がされます。
海外に行くときは、飛行機、バス、電車など、公共交通機関を利用するかと思います。
その交通費をクレジットカードで支払わないと、補償を受けられないのです。
クレジットカードを持っているだけでは、海外旅行保険の補償はされません。
せっかく海外旅行保険が付帯していても使えない…となってしまいます。

クレジットカードによっては、旅行代金の全額を支払う必要があるもの、旅行代金の一部だけを支払えば良いものがあります。
旅行代金の一部で良ければ、複数のクレジットカードを旅行代金を支払うことが可能です。
駅に行くまでのバスはAのクレジットカードで、空港に行くまでの電車はBのクレジットカードで、航空券はCのクレジットカードで支払えば、複数の海外旅行保険の補償を受けられることになります。

また利用付帯の場合、旅行代金を支払う場面にも注意をしなければなりません。
クレジットカードにより、渡航前の旅行代金の支払いに限定されているクレジットカード、渡航後の公共交通機関の利用代金の支払いでもよいとするクレジットカードがあるためです。
渡航前に限定されているクレジットカードは、必ず出国前にクレジットカードを使っておきましょう。

自動付帯の海外旅行保険は、クレジットカードを持っているだけで補償を受けられます。
旅行代金を支払わなくても、補償を受けることができるのです。
自動付帯なら、特に何も計算する必要はありません。

どちらがおすすめかというと、自動付帯となる海外旅行保険でしょう。
持っているだけで安心ができます。
海外旅行保険のために、クレジットカードを発行するのもおすすめです。
年会費無料のクレジットカードであれば、それほど使わなくても損をすることはありません。

ただ海外旅行保険が自動付帯となるクレジットカードは、それほど多くはありません。
海外旅行保険が付帯していても、利用付帯であることがほとんどですのでよく確認をしましょう。
おすすめなのは、ジャックスカードが発行するクレジットカードです。
ジャックスカードの場合、年会費が低いクレジットカードでも、海外旅行保険が自動付帯となるものが多いです。
海外に良く行くならおすすめです。

補償金額が高い自動付帯の海外旅行保険を望むなら、クラシックカードよりゴールドカードやプラチナカードを狙うのが良いでしょう。

■海外旅行保険は最高補償額に惑わされるな

クレジットカードの海外旅行保険をチェックするときは、最高補償金額に目が行きがちです。
最高1,000万円、2,000万円という文字を見ると、高い補償額に感じますよね。
しかし最高補償金額が適用となるのは、死亡や後遺傷害時のみとなります。
病気やケガの治療だけでは、最高補償金額は支払われませんので気を付けましょう。

クレジットカードの海外旅行保険で注目をして欲しいのは、疾病保障と傷害保障です。
死亡や後遺障害の保険金請求は、あまり使われることはありません。
クレジットカードの海外旅行保険を請求するときは、ほとんどが疾病と傷害時です。
なので重要なのは、疾病保障と傷害保障なのです。

海外での治療費は、ほんのちょっとでも高額になってしまいます。
日本で治療を受けたつもりでいたら、「ええ!!」と目ん玉が飛び出るような金額を請求されてしまいます。
こんな金額支払えるわけない!と、せっかく病気やケガが良くなっても具合が悪くなってしまうかもしれません。
最高補償金額ではなく、疾病や傷害保障金額が高い海外旅行保険を選択すると良いでしょう。

たとえば海外旅行保険が自動付帯するJCB EITは、最高2,000万円の補償金額となります。
疾病や傷害時の補償金額は、100万円となります。
同じく海外旅行保険が自動付帯となるエポスカードは、最高500万円の補償金額です。
疾病は270万円、傷害は200万円の補償金額です。
最高補償金額を比べると、JCB EITの方が魅力的と感じるでしょう。
しかし疾病や傷害保障を考えると、エポスカードの方が補償金額が高くおすすめということになります。

また注意をしたいのが、最高補償金額は高くても、疾病や傷害時の補償が付いていない海外旅行保険があることです。
最高補償金額が1,000万円で自動付帯だから良いと思っても、いざ保険金を請求しようとしたらケガも病気も保証がされない…なんてこともあるのです。
これでは海外旅行保険があっても、あまり意味がないとなってしまうでしょう。
海外旅行保険がないクレジットカードと同じです。
例を挙げてみると、ANA一般カードは最高1,000万円の海外旅行保険が付帯します。
航空系のクレジットカードなので、しっかり補償される海外旅行保険が付帯しているようなイメージがあるかもしれません。
しかし疾病や傷害保障はありません。
ANA一般カードは海外旅行保険が自動付帯していても、使えないクレジットカードとなるでしょう。

■キャッシュレス診療可能な海外旅行保険がおすすめ

クレジットカードの海外旅行保険があっても、治療費を一度支払うのは大変ではないでしょうか。
海外での治療費は数十万円、数百万円になってしまうことも少なくはありません。
のちに補償金額が海外旅行保険から支払われるとしても、支払いができない…となるケースは多いでしょう。

保険会社の海外旅行保険だと、キャッシュレス診療が可能です。
医療機関に支払いをしなくても良いので、楽ですよね。
クレジットカードの海外旅行保険のデメリットは、キャッシュレス診療ができないことであると言われてきました。
しかしキャッシュレス診療に対応している、クレジットカードの海外旅行保険も存在しています。
確かにキャッシュレス診療ができないクレジットカードもあるのですが、キャッシュレス診療が可能だと保険会社の海外旅行保険に無理に加入しなくても良くなるでしょう。

キャッシュレス診療を受けるためには、クレジットカード会社に連絡を入れなければなりません。
緊急デスクに電話をして、海外旅行保険を使いたい旨を伝えましょう。
クレジットカード会社の電話番号は、クレジットカードの裏面などに記載されています。
またもしものときのために、何かに控えておくと良いでしょう。
緊急デスクはクレジットカードの紛失時などにも、連絡をするところです。
クレジットカードをなくしてしまったら、クレジットカード会社の連絡先がわからない!となってしまいますので。

緊急デスクで診療の予約をしてもらいます。
指定された医療機関へ出向きましょう。

このときクレジットカードやパスポート、旅行代金を支払った領収書(利用付帯の海外旅行保険の場合)などが必要dです。
緊急デスクで指定してくれるはずですので、用意しておきましょう。

自分勝手に医療機関を受診し、あとからキャッシュレス診療を!といっても、難しくなりますので注意をしてください。

現在キャッシュレス診療に対応しているクレジットカードの海外旅行保険は、エポスカード、JCB EIT、リクルートカード、REXカード、VIASOカード、セディナカード、三井住友VISAクラシックカードAなど、数は多いです。
主要なクレジットカードであれば、ほとんど対応しているといっても良いかもしれません。

ただすべての医療機関で、キャッシュレス診療が受けられるとは限りません。
キャッシュレス診療に対応している医療機関が、現在地の近くにない場合があります。
その場合は残念ですが、キャッシュレス診療はできません。