クレジットカードの海外旅行保険知っていますか?

■クレジットカードの海外旅行保険知っていますか?

いきなりクレジットカードの海外旅行保険と言われてもわからない人も多いでしょう。むしろクレジットカードに保険なんて付いていたの?と思う人の方が多くてもおかしくないぐらいです。実はクレジットカードには何かしらの海外旅行保険が付帯されているんです。その細かな内容はクレジットカード会社によって異なるのですが、大枠としてはどこのクレジットカード会社であっても同様です。まずはクレジットカードの海外旅行保険について理解するために大枠としてどのようなものが用意されているのかを項目別にご説明しますので参考にしてくださいね。

そもそもクレジットカードに付帯されている保険としてはどのようなものがあるのでしょうか。例として次のようなものがあります。
-傷害・疾病治療費用
-傷害死亡
-後遺障害
-疾病死亡
-賠償責任
-携行品損害
-航空機寄託手荷物遅延
-救援費用

あまり聞き慣れないものも多いかもしれませんが、これらの費用が海外で発生した場合に対応してくれる保険というのがクレジットカードの海外旅行保険ということになります。日本では平和に暮らしていたとしても、海外でいつ何が起こるかは誰にも分かりません。そういった万が一のときの備えとして持っているのが保険となっています。

特に海外の病院は日本ほど健康保険の制度が充実していないため、ちょっとした治療で高額の請求を受けることになります。気軽に病院にも行けないような環境になってしまっているのですね。でも、クレジットカードの海外旅行保険で傷病治療や傷害治療が付帯されていればそれを利用して病院に行くことが出来るのです。しかも、クレジットカードによっては建て替える必要もなく直接医療機関に支払いをしてくれるようなものも存在しているので手間は大きく省けるようになっています。

その他にも分かりやすい海外旅行保険としては飛行機の遅延や荷物に関わるものがあります。最近は定刻で離陸する飛行機が非常に増えてきましたが、一回遅延すると長くなるのが飛行機の宿命です。そういったときに、チケットを取り直す費用や臨時で宿泊するときになった場合の費用を補償してくれるような保険も付帯されています。具体的な適用ルールや限度額というのはクレジットカードによって異なるのですがものとしては付帯されていることが多いです。
クレジットカードの海外旅行保険は活用していない人も多いですが、海外に出向くのであれば一度学んでおきたいものとなっています。

※そもそもクレジットカードって何?って人は↓
http://cretatsu.com/

■クレジットカードの海外旅行保険 自動と利用の違い知っていますか

クレジットカードの海外旅行保険説明には次のような書き方がされていることが多くあります。
海外旅行保険 :自動○○万円 や 海外旅行保険 :○○万円
といった書き方ですね。海外旅行保険と書かれている部分は海外旅行傷害保険とかかれていたりもします。重要な部分は言葉の言い回しではなく、「自動」と「利用」はどのように違うのかとうことです。この違いを理解していないと有効に海外旅行保険を活用できなくなってしまいますので、必ず詳細について抑えるようにしておきましょう。

・自動付帯の場合は細かいことは気にしなくても大丈夫
まず最初に基本的な海外旅行保険のスタイルである自動付帯についてご紹介していきましょう。こちらの場合は言葉そのままで自動的に保険が付帯してきますので、自分で保険を利用するような手続きをする必要がありません。つまりクレジットカードを所有しているだけでクレジットカードの海外旅行保険を活用することすることが出来るのです。旅行の前は何かと忙しいことが多いですので、このような何も気にせずに保険を利用できるようなクレジットカードが利用できればありがたいですね。

・利用付帯の場合は注意が必要
利用付帯であればその言葉の通りクレジットカードを利用することによって初めて保険の適用が開始される海外旅行保険となっています。旅行に関する何かしらの支払いをクレジットカードで済ませることによって、その旅行に関する保険が適用される仕組みとなっています。支払いの例としては
・旅行代金をクレジットカードで前払いした
・国内の移動料金をクレジットカードで支払った
・国外の移動料金をクレジットカードで支払った
などが例として挙げられます。どれも共通して言えていることはクレジットカードの利用が旅行に関わっているということです。クレジットカードを利用していたとしても、それが旅行に関わらないものであれば利用付帯の海外旅行保険は活用することが出来ません。この点は自動付帯の海外旅行保険に比べて大きく異なる点ですので特に注意しておく必要があります。
また、よく注意点として挙げられるのは空港などの免税店での利用は保険開始の対象にならないとうことです。あくまでも、国内・国外で乗り物を利用した際の移動料金を支払うことによって海外旅行保険が適用されるのです。

この二つの違いは知らなければ大きな差になってしまいます。せっかくの海外旅行保険を無駄にしないためにもよく覚えておきましょう。

■年会費無料で海外旅行保険が利用できるクレジットカード

クレジットカードには様々な保険が付帯されていますが、中でも人気のものは自動で付帯されるタイプの海外旅行保険でしょう。こういった保険は加入する期間にもよりますが、個別に入ろうとすると何かと高額になってしまうことも多くクレジットカードの付帯サービスを活用している人が多いと思います。その中でも特に年会費無料のクレジットカードでお得に海外旅行保険を付けている人も多いのではないでしょうか。今回はお得さを追及して年会費無料で海外旅行保険を活用できるクレジットカードのおすすめを紹介しちゃいます。

・エポスカード
マルイの発行するクレジットカードとして人気の高いクレジットカードがこちらのエスポカードです。年会費が無料であることに加えて最短で即日発行も可能となっており、急に海外に行くことになった場合の保険代わりにも利用できるようなクレジットカードになっています。海外旅行保険としては年会費無料のクレジットカードにも関わらず500万円までの付帯となっており基本的なことであれば十分に賄える金額となっています。海外旅行保険以外の面でも特典が多いクレジットカードになっていますし総合的なおすすめ度合いは高いです。また上位のクレジットカードに相当する「エポスゴールドカード」を手に入れることができれば同じく年会費は無料のまま、さらに海外旅行保険が充実したものとなりますのでそこも期待して期待ところです。

・学生専用ライフカード
学生さんが年会費無料でお得に海外旅行保険を持つのであればこのクレジットカード以外の選択肢はないでしょう。学生専用のクレジットカードとなっているため年会費はもちろん無料なのですが、なんと海外旅行保険の自動付帯は2000万円までとなっています。これだけの付帯金額を社会人になってから無料で持つことは正直言って無理です。まさ学生だから受けることが出来るお得な特典となっているわけですね。海外旅行保険に合わせてお得な点として海外利用分には一部がキャッシュバックの対象になるということがあります。海外旅行保険が付帯されていることで安心な海外旅行をすごすことも出来ますし、そこで利用したお金も一部はキャッシュバックされるとなればお得感満載ですよね。

年会費無料のクレジットカードであっても海外旅行保険が充実しているものも増えてきています。海外旅行保険の付帯状況はクレジットカードによって大きく異なりますので上手く比較してくださいね。

■海外旅行保険はクレジットカードのものを活用せよ

海外に行くときに心配となることはいくつかありますよね。治安のこと、お金のこと、健康のことなどその種類は様々であると思います。このなかでも特に心配となるのが健康についてだと思います。日本とは違う環境に入り込むことによって、環境の違いによって体調を崩すようなことは良くある話です。こういった万が一のときに備えて必要となってくるのが海外旅行保険ですよね。海外旅行保険は保険会社も提供していますが、クレジットカード会社がそれぞれのクレジットカードに付帯しているものも多く用意されています。

これは私の意見とはなりますが、海外旅行保険についてはクレジットカードに付帯されている分だけでそれなりには賄えると思っています。もちろん、クレジットカードの海外旅行保険にはメリットとデメリットがあるのですがそれを考慮してもそこまで問題は無いでしょう。
クレジットカードに自動付帯で用意されている海外旅行保険というのは基本的に出国から90日間を対象としています。この期間は基本的な旅行などであれば特に問題にはならないと思っていますが、長期の出張や留学などでは不安になってしまいますよね。もし90日以上の海外旅行保険が利用となるのであれば保険会社などの長期保険を利用することになるとは思いますがそちらについては割愛したいと思います。
ただ、逆に考えるとクレジットカードの海外旅行保険であれば90日間「も」補償をしてくれるという見方もあります。一般的な保険会社の海外旅行保険となると補償する機関によって価格が変わるものが大半です。長期間になればなるほど高くなるものですのでクレジットカードの海外旅行保険はよりお得であると考えることも出来るでしょう。

またクレジットカードの海外旅行保険であれば嬉しい特典がもう一つあります。それはキャッシュレス対応の医療機関を利用することが出来れば立替をすることなく支払いが出来るということです。これは加入している海外旅行保険にもよるのですが海外では一旦立替で支払ったあとに、帰国してから清算を申請するという流れが多いようです。ですが、クレジットカードの海外旅行保険の中でもキャッシュレス清算に対応しているものを利用できればこの手間は省けるのです。

クレジットカードの海外旅行保険は基本的に旅行傷害保険となっています。そのため死亡時の補償には十分な対応とはなっていません。万が一そういった保険も必要となるのであればクレジットカードに併用して使用するのも検討するべきでしょう。

■海外旅行保険はキャッシュレス対応のクレジットカードを使おう

クレジットカードで海外旅行保険を利用するときに重要なポイントとなるのはキャッシュレス診療が適用されるかどうかであると考えています。キャッシュレス診療に対応していないクレジットカードであれば一旦現地での支払いは立て替える必要があるなど少し負担が大きくなっていまします。一般の海外旅行保険はどれもキャッシュレス診療に対応していますので、そういう意味ではクレジットカードのほうが少し劣ってしまう結果になります。とは言えどもクレジットカードの中にもキャッシュレス診察が適用される海外旅行保険を付帯しているところがありますので、こういったものを使っていきましょう。

具体的なクレジットカードの例としては次のようなものがあるでしょう。
セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード 各種
・三井住友VISAカード 各種
・リクルートカード
・エポスカード
ここでは紹介し切れていませんが、実際問題としてキャッシュレス診察に対応しているクレジットカードというのは今のところそこまで多くはありません。そのためキャッシュレス診療を出来る海外旅行保険を求める場合にはクレジットカード選びも重要になってくるのです。また、キャッシュレス診療に対応しているクレジットカードは年会費のかかるものも多くあります。年会費が必要となっている代わりに、海外旅行保険の支給上限額は高くなっていたりもしますのでそこは年会費と金額のバランスを気にすることが大切でしょう。

キャッシュレス診療対応のクレジットカードであればどのように診療を受けることが出来るのかについてもご紹介しておきましょう。
まず海外で何か問題が発生したときには共通することですが、クレジットカードの会員デスクに電話することが重要です。付帯されている保険があるからといって勝手に行動するのではなく、デスクに電話して対応方法や利用方法を確認することが大切になります。特に利用条件などはクレジットカード会社によって異なりますので必ず確認しましょう。また、基本的にはキャッシュレス診療を受けるためにはクレジットカードの担当者から医療機関を手配してもらうことが基本となっています。そうしなければ結局立て替えて支払いをしなければいけないことになりますからね。
医療機関の手配さえしてもらえれば、指定された病院にクレジットカードと本人確認書類であるパスポートを持っていけば通常通りの診察を受けることが可能です。ここは日本と大差ありませんので、気をつける部分はクレジットカード会社に電話をするというところになります。